入室までの流れ

a0001_016121

基本はインターネットで検索

シェアハウスも自分の住居先として考慮に入れているといった場合は、
インターネットから探すことになるでしょうか。
不動産にいっても、シェアハウスを取り扱っていないというケースもありますから、
シェアハウスの住居先のきっかけ作りということであれば、インターネットで探すというのが
般的なのではないでしょうか。

シェアハウスの一室が空室であったとしても、
すぐに空室が埋まるといった状況になっています。
やっぱり人気があるようなシェアハウスの物件であれば、すぐに部屋が埋まるといった状況です。

条件を考える

それでは、まずやることといえば、希望条件の洗い出しということになるでしょうか。
シェアハウスがいいのか、賃貸アパートがいいのかといったことから、
家賃はどのくらいまでならば許容範囲になるのかとか、どこに住むのかということを
決めないといけないでしょうし、駅から何分以内の物件がいいのか、
周辺にはコンビニやスーパーみたいなものがあるのか、
車を止めるような駐車場があるのかといったことをひとつずつ決めていくことになるでしょう。

希望条件が決まったら、シェアハウスを取り扱っているような運営事業者のホームページを
見ながら、いくつか候補先を決めていくということになります。
その時に、希望条件なんかを運営事業者に伝えておくと、
希望する物件を紹介してもらえるかもしれません。

内覧は納得の行くまで

いくつかの候補先が決まったということであれば、実際の物件を内覧させてもらうと
いいのではないでしょうか。実際に生活することを想定しながら、
実際の物件の下見をしていくことが大事になってきます。

下見をおろそかにすると、住んでみてから不満を口にすることになり、
後悔することになるので気をつけてください。
内覧の段階で運営事業者の担当者と顔合わせを行うことになりますが、
自分が不安に思っていることなどを相談してみるのもいいのではないでしょうか。

入居審査から契約まで

実際の物件を見てみて、住んでみたいシェアハウスが
決まったということであれば、入居申込書を記入することになります。
それと共に身元チェックをすることになります。
これが入居審査ということになります。

それと共に、契約を結ぶ前に例えば、敷金・礼金は要らないのか、
デポジットはどのくらい必要なのか、月々家賃の他に光熱費や水道費、共益費などが
必要になるのかなど、何に対してお金がいるのかといったことを確認することが
必要になってきますし、契約を結ぶときに、身分証明書など何が必要になってきて、
連帯保証人は必要になるのかみたいなことも確認します。
場合によっては、入居審査で断られるということもあるかもしれません。

入居審査が通ったということであれば、シェアハウスの運営事業者との契約になります。
契約書にご署名・捺印を行うと共に、シェアハウスに入居する上での
重要なことについての説明があります。

入室までの流れは、シェアハウスの運営事業者ごとに異なってくることがありますが、
大体以上のような流れで進んでいきます。入室までの手続きの流れということになると、
賃貸アパートを借りるときとそんなに変わらないのではないかなと思います。