シェアハウスのデメリット

共有という部分で生まれるデメリット

シェアハウスのデメリットとして挙げられることについても紹介しておきたいと思います。
シェアハウスで住む前にどんなところに問題が潜んでいるのかということを事前に知っておく事は
大事です。そういう問題点を気にしながら、他人について配慮していくことがシェアハウスで
共同生活していくうえで重要なことだと思いますし、
問題点が分かった上でシェアハウスを選ばないという選択もできるのではないでしょうか。

まずデメリットとして挙げられることは、共有スペースでの混雑というものが挙げられるでしょうか。
風呂やシャワーに入りたいときに、バッティングして待たされるといったことや洗面所を使いたいが、
使っている人がいて使えないといったことや洗濯機を使おうと思ったが、
前に使っている人のものがあって、どけるのが面倒くさいといったことなどがあるでしょうか。
要するに、共有スペースでのマナーといったことが問題になるケースがあります。
そこのところは、運営事業者の管理体制に掛かってくるのではないでしょうか。

共有スペースの使い方というのは、個々の生まれてきた環境が違うから、自分の常識が
通用しないということですので、共有スペースのルール作りというのが必要になってくるでしょう。
共有スペースの使い方のルールがどうなっているのかということを、
下見のときに確かめておくといいでしょう。

あとは、夜中でも音を立てて騒ぐ人がいるとかプライバシーが守られないといったこととか
物件選びに失敗したなといったことがあるようです。
こればかりは住んでみないと分からないことなんでしょうが、シェアハウスの物件を内覧して
実際下見を行うことで防げることもあると思いますので、気をつけてみてほしいところです。

シェアハウスに向いている人

そこで、どういう人がシェアハウスに向くのかというと、大家族で育った人や部活などの寮生活で
暮らしたことがある人や海外でシェアハウスの経験がある人なんかはどういうことに
配慮すればいいのかがわかっている人だと思いますので、
スムーズにシェアハウス生活を送れるのではないでしょうか。

こういう生活をしたことがない人であっても、シェアハウスに向いている人がいると思います。
例えば、共同風呂や共同トイレなどに全く抵抗がない人や知らない人と打ち解けることが
すぐにできる人や他人と適度な距離感をもって接することができる人や一人の世界を
大事にしたいタイプではない人や潔癖症ではない人などはシェアハウスでも
うまくすごすことができるのではないでしょうか。

別の言い方をすると、自分の世界を大事にしたいようなタイプの人やプライベートを他人に
邪魔されたくないというような人になるとあまりシェアハウスに向かないのかなと思います。
シェアハウスのほうが家賃の相場が安いからといって、安易に飛びついてトラブルを
引き起こすのは迷惑な話ですので、他の住居人に対して配慮ができる人でないと、
シェアハウスが居心地のいい空間にならないのではないでしょうか。