退出時

シェアハウスを退去するときの注意点

スムーズな退去を心がける

これまでお世話になったシェアハウスから退去する際には、
あたりまえのことですが立つ鳥は後を濁さずに、
しっかりとスムースに退去に向けて準備や手続きを進めていくことが重要です。

退去の理由は様々あることでしょう。
今住んでいるシャアハウスよりも快適で住みやすい場所を見つけたので、
移り住んで新しい生活を始めてみたい、今のシャアハウスに住み続けたいものの就職、
転勤あるいは転職のために引越が必要になったので退去しなければならない、
シャアハウスではなくて1人暮らしを始めたいなど、人それぞれの理由があります。

幸いにシャアハウスの場合には共有のものが多いので、
引越自体はそれほど面倒でも大変でもありませんが、
やはりしっかりと押さえておきたい注意点があります。

連絡は早めに

まず重要な事は退去が決まったらそのシェアハウスを運営する事業者に、
出来るだけ早い段階で連絡をしておくことが重要です。

大抵のシェアハウスでは約款などに、
1ヶ月前には退去予定を連絡する旨が記述されているのが一般です。
もしそのルールを守らずに突然退去する事にでもなると、
あらかじめデポジットしておいたお金が返ってこない事もあります。

この1ヶ月という期間は運営主にとってはとても重要なのです。
あなたが退去した後にすぐに利用してくれる入居者を探さないといけないので、
宣伝広告などを行う必要があるからです。

入居者がいなければ運営主には賃料が入ってこないので、
経済的な損失が大きくなるので早めの連絡は最低限のマナーになります。

出るときは綺麗に

自分が使用していた部屋の清掃も重要です。
あらかじめクリーニング代が徴収されていた場合には、
あまり心配することはありませんが、徴収されていない場合には感謝の気持ちを込めて、
しっかりと清掃と整理整頓をしておきましょう。

その際にはキッチンや風呂場などの共有施設の忘れ物の有無も、
しっかりとチェックしておくことも忘れないで下さい。

冷蔵庫の食材や調味料などについては、
事前に他の同居者に譲渡しておくか処分しておきましょう。

バタバタしていると冷蔵庫の整理まで手が回らずに、
食材を腐らせてしまうなどして他の同居者に迷惑をかけることにもなりかねません。

引越作業などが終わり後は退去するだけの状態になったら、
事業主への挨拶はもちろんのこと、同居者への挨拶もしっかりと行っておきましょう。

1人暮らしとは違って事あるごとに助け合ったりして来たでしょうし、
退去後も関係が続くこともあるので、立つ鳥後を濁さずをモットーに退去を行って下さい。