滞在時

シェアハウス中の便利グッズ

快適に過ごすために活用する

シェアハウスに入居するメリットに、新生活を始めるにあたって基本的な家具や家電をわざわざ購入する必要がない事があげられます。
一般的な賃貸物件を借りると、基本的には何もない部屋に入居するため生活に必要な家具や家電を買い揃えなければいけません。
あれもこれも必要だと思って購入しようとすると、初期費用をいくら用意しても足りません。
シェアハウスなら共有スペースに家具や家電が用意されているため、自分に必要な荷物だけを個室に持ち込むだけでOKです。
共有スペースに行けば使いたい時にいつでも使えるのでとても便利です。
あえて必要なグッズを購入しなくても良いのがシェアハウスの大きなメリットになりますが、あると更に生活が便利になるグッズをいくつかご紹介します。

参考:便利グッズ|なぎちゃんのシェアハウス

キッチングッズ

シェアハウスではシェアメイトが協力しながら一緒に食事を作って食べる場合もありますが、基本的な考え方としてはそれぞれが食事を作って自分で食べるものです。
一人分の食事を作るのは面倒に感じられるため、手軽に自炊できるグッズがあると便利です。
特におすすめなのは一人分のパスタを電子レンジで丁度良い茹で加減にできる専用のプラスチック製容器です。
使い方はとても簡単で、一人分の乾燥した状態の麺と水を入れて電子レンジで加熱するだけでOKです。
わざわざ鍋にお湯を沸かす必要を省くことができるため、時短料理としても活用できます。
後はお好みのパスタソースをかけるだけで手軽に料理が完成します。

電子レンジを活用する便利グッズとしてもうひとつおすすめなのが、シリコンスチーマーです。
好きな野菜を何種類か入れてレンジで加熱するだけで簡単に蒸し野菜が完成します。
ヘルシーで、野菜の栄養をしっかり補給できるため栄養バランスが気になる方にもぴったりです。
電子レンジは元々備え付けられているシェアハウスがほとんどなので、レンジを活用するグッズがあると便利です。

突っ張り棒

シェアハウスの個室にはある程度の収納スペースが確保されている場合もありますが、どうしても収納力が足りないなと感じる場合もあります。
自分の洋服やカバンなどをサッと取り出せる所に置きたいけど、個室のスペースは限られているからなかなか収納スペースを増やすことができません。
上手に空いている部分を活用する方法としておすすめなのが、突っ張り棒を個室に這わせてみましょう。
ハンガーに洋服をかけておけるようになり、洗濯物を干しておくこともできます。
乾燥機を使えない時には洗濯物を干す場所に困りますが、個室に干せるようにしておけば安心です。
突っ張り棒の数を増やすほど上手に空間を無駄にせずに有効活用できます。
他にも工夫次第で色々な使い方ができるので、ぜひお試しください。